不動産投資の紹介ページ

まずはどのような不動産物件が自分に適しているのか方針を立ててみましょう。

  1. 利回り
  2. 立地
  3. 将来性
  4. 新築か中古か
  5. 区分所有か一棟か
  6. ワンルームかファミリー向け物件か
  7. オーナーチェンジか空室か

利回り

利回りの良い収益物件として購入する必要があるので、物件の購入金額があまりにも高いと採算が取れないこともあります。
だいたい何%以上の利回りを条件にするか考えてみましょう。
低めの利回りの不動産物件であってもリフォームなどにより利回りを上げる工夫などをすることもできます。

詳しくは「利回り」参照

立地

入居者が見込めるか、入居者が暮らしやすい立地かどうかをしっかり吟味して選びます。
電車の駅から徒歩10分圏内、スーパーや病院、学校などが複合的にある場所などが良い条件です。
また、地域の賃貸料がどのくらいなのかも事前調査するとより安心できます。
購入前には日当たり、眺望、周辺環境など自分の目で確かめてから購入を決定します。

将来性

近所に電車の駅ができる予定や大型商業施設の建設予定などがある場合、将来その不動産物件の価値が高まる可能性があります。
近くに大きな空き地や建設予定地がある場合、将来大きな建物が建つかもしれないでの調査してみましょう。

新築か中古か

結論を先に書くと、最初の不動産経営には中古物件がおすすめです。
それぞれの特徴を比べてみましょう。

■新築物件
  • 設備が新しく、当面修繕が不要
  • 価格が高い場合が多い
  • 建造途中であればその間の収入は得られない
  • 最初の賃貸では新築ということで家賃を高めにできるかもしれないが、2回目以降は厳しい
  • 建設予定地の綿密な調査が不可欠
■中古物件
  • 価格が安い場合が多い(減価償却により建物の値段が低い、もしくはゼロの場合も)
  • すでに建物があるのですぐに貸出できる
  • 修繕の必要がある場合もある
このように初期費用を押さえることで利回りの良い物件として運用するには、中古物件が無難です。
よっぽど新築物件に価値がある場合を除いて、手始めは中古物件をおすすめします。
中古物件も購入後のメンテナンスを考えて選ぶことをお忘れなく。

区分所有か一棟か

■区分所有メリット
  • 小額で購入できる
  • 空室の物件を購入すれば入居者を自分で選べる
  • 区分所有物件を複数持つことでリスクを分散
■一棟メリット
  • 管理費・修繕費が割安
  • 建物のリフォームや建て替え、処分など自由度が高い
  • 土地の権利が強い
  • 融資を得やすい
どちらを選ぶかは自分のスキルや予算により決定します。

ワンルームかファミリー向け物件か

■ワンルームの特徴
  • 小額で購入できる
  • 管理費・リフォーム代が少ない
  • 空室率が高いものもある
■ファミリー向け物件の特徴
  • リフォームの余地が大きい(間取り変更など)
  • 長期入居が多い
  • 金額が高め
  • リフォーム費用が高め
  • 管理費や修繕積立金が高い
購入を考えているエリアによってどちらが良いか変わってきます。

オーナーチェンジか空室か

オーナーチェンジとは入居者がいる状態で売り出されている不動産物件のことです。
それに対して空室とは、その名の通り入居者がいない状態で売り出されている不動産物件です。
■オーナーチェンジの特徴
  • 購入後すぐに家賃収入がある
  • 家賃を調整し辛い
  • 入居者が選べない(問題のある人の可能性も)
  • すぐにリフォームができない
■空室の特徴
  • 入居者を選べる
  • リフォームがすぐにできる
  • 入居者が決まるまで収入なし
購入後すぐに収入が出るオーナーチェンジはやはり人気です。
  プロフィール  PR:無料HP  スルガ自動車学校  アニメクリエイター 専門学校  カー用品  中古ホイール 純正  タイヤ ストリーム 新品  デビュー 専門学校  WAKO'S  タイガーアイ  保育士 短期大学  投資顧問ベストプランナー 勝率  エンケイ rsv  名簿業者